1. TOP>
  2. 粉末青汁と液状青汁

粉末青汁と液状青汁

青汁には、液体(冷凍)、粉末。フリーズドライなど様々なカタチで販売されています。今現在、もっとも流通している青汁タイプは粉末タイプのようです。ではそれぞれ、どのようなメリット、デメリットがあるか見ていきましょう。

粉末タイプは何かしら液体に溶かして飲むので、粉っぽさが残る場合があります。液体タイプはこの粉っぽさが全くないので口当たりがよく飲みやすいと言えるでしょう。

液体タイプ(冷凍)の青汁は、製造してすぐに急速冷凍しているため、鮮度がもっとも高い青汁と言えます。このため、液体タイプの青汁は栄養価が高いと言われています。また液体タイプの青汁は粉末青汁い多い高熱加工と違って青汁の栄養素を減リスクが少ないと言えます。

しかし、液体タイプの青汁にもデメリットがあります。最大のデメリットは、その保管についてでしょう。液体のままでは非常に賞味期限が短くなってしまうため、液体タイプの青汁は冷凍保存の必要があります。一度の注文で約1カ月分など大量に届くケースが多いので、やはり量もかなり多くなり、冷凍庫スペースを大きく奪われてしまうことになります。

液状タイプの青汁のメリットとデメリットを説明しましたが、もちろん粉末タイプやフリーズドライ製法の青汁でも液体タイプに引けと取らない栄養を保持した商品もあります。青汁のタイプによるメリット、デメリットを熟考した上でご自身に合った青汁を購入すると良いでしょう。