1. TOP>
  2. 青汁の歴史

青汁の歴史

青汁は実は千年もの長い歴史があるのをご存知でしょうか。古来より庶民から貴族まで健康を目的とした飲料として幅広く飲まれてきたのです。

日本最古の医書『医心方』にも健康によい食品として青汁の記録があるそうです。

その青汁が日本で広く普及するようになったきっかけは、戦前・戦後の食糧難の時代、ある博士が飢えをしのぐために、それまでは捨てられていたような葉っぱを食べるようになった所、非常に体の調子が良くなったために注目されたと言われています。単純によく青葉を食べるようになったと思うかもしれませんが、実際に栄養価が高かったのです。

その博士は、葉緑を研究し、それ自体が栄養的に完全な食品であり、その豊富なビタミンやミネラルが栄養素の働きを促進し、エネルギーやタンパク質の必要量が控えられることを発見し、青汁を病院食に加えました。その優れた作用が除々に民衆にも広がっていきました。青汁が流行ることとなりました。

そして現代。大麦や若葉を初めとするさまざまな野菜から青汁が作られるようになりました。最初はそれこそ、美味しいものではなく、テレビなどでも罰ゲームなどで利用されましたが、それがかえって注目を浴びる事となります。

今では、青汁初心者でも美味しくいただくことができる苦味や臭みの少ない青汁が増え、大人から子供まで幅広く愛飲されるようになりました。美容成分が追加されたものや、飲用するシーンに合わせたものも開発されて種類が豊富です。