1. TOP>
  2. 青汁の原料について

青汁の原料について

青汁といえば、健康飲料というイメージをもつ人がほとんどだと思いますが、青汁は何を原料に作られていて、どんな成分が含まれているのかご存知ですか?青汁はいくつかの種類がありますので、原材料によってもちろん成分も違ってきます。いくつか例をあげて青汁の原料をみていきましょう。

代表的なケールの青汁には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいます。ケールという野菜はカルシウムが牛乳の2倍、カロテンはトマトの約5倍、ビタミンCはみかんの約2.5倍、しかもサツマイモよりも多く食物繊維が含まれているので、とても栄養価が高い野菜です。また、解毒酵素が作られるのを助ける働きがある、スルフォラファンやがん予防でも注目されているイソチオシアネートも含まれています。

次に最近多く販売されるようになった大麦若葉を原料にした青汁をみていきましょう。この大麦若葉を原料にした青汁は特に食物繊維が多く含まれ、腸内環境を整え、便秘解消に効能があるようです。

ほかにも明日葉を原料に作る青汁は、カリウムと食物繊維を多く含んでいます。カルコンというポリフェノールの一種で希少な成分も含んでいます。カルコンは老化防止やアンチエイジングに効く抗酸化作用を持っており、女性に注目されて人気がでています。

このように原材料の違いがある青汁。何でもかんでも同じではなくて、その種類でずいぶんと効能も変わってくるので自分にあった青汁を選ぶ必要があります。